スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 BEST10 後編

昨日に引き続きHPで公開したBEST10の中から

代表曲(officialがあったもの)を1曲ずつ紹介したいと思います。

今日は5位~1位です。


5位


Running / Jessie Ware


謎めいた歌唱法とアーバンなサウンドに
ぐぐっと引き寄せられました。
Sadeを聴いた時の感覚に似ているかな?
不思議な魅力があります。



4位


Only Wanna Give It To You / Elle Varner feat. J Cole


新しい世代のソウルクイーンが登場したと感じました。
デビュー作とは思えない貫禄とクオリティーです。
Erykah Baduみたいになってくれると嬉しいなぁ~



3位


Real Love / Eric Benet


もうとろけそう…デロデロw
前半は大好物のsweet路線で後半はゴスペルやレゲエといった変化球
そんなアルバムになってます。
全部sweetだっだら文句なしで1位にしましたw



2位


Anything Could Happen / Ellie Goulding


おそらく唯一心地よく聴けるEDMシンガーだと思う。
というか…これEDM?楽曲も歌声も不思議な魅力で溢れている。
ちょっとYUIみたいな声じゃない?




1位


Yes / Q Parker


これが本当のRnBですよね!?
夜の雰囲気と微エロ…極エロか?
メロディーを大事にしたリズムトラックにに甘いブルースが乗る
最近はこういう楽曲が少なくなって寂しいです。




いかがだったでしょうか?

是非HPの方もご覧ください。

選外佳作はまた近いうちに更新しますね
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。